自律神経の乱れによる症状なら大阪市旭区の「さかみ鍼灸院」へお任せ下さい。地下鉄谷町線「千林大宮」駅より徒歩2分。

さかみ鍼灸院

0669542155


受付時間:9:00~19:30 休診日:日曜日・祝日

自律神経の乱れによる症状


自律神経失調症について

自律神経失調症について

自律神経失調症は神経が傷ついたり、内臓に何か病気が起きているわけではありません。自律神経の働きの乱れにより起こる様々な症状を総称していいます。

自律神経は、食物の消化や吸収、呼吸、心臓の拍動、全身の血流や発汗、体温の調整、ホルモンの分泌など、私たちの身体が円滑に活動するよう、無意識のうちに自動的に働いている神経です。この自律神経には、心身を活動的に働かせる「交感神経」と、心身を休息させリラックスさせる「副交感神経」があり、この2つの神経が適度にバランスをとって調和して働いていることで、私たちの身体は健康状態を保つことができ、日々快適に過ごせるのです。この2つの神経のバランスが崩れたときに起こる疾患を自律神経失調症といいます。

このような症状で悩んでいませんか?

このような症状で悩んでいませんか?

◆何となく毎日体がだるく、腰が痛い日もあれば胃が痛い日もあり不安定な症状ばかり。
◆肩こりや背中、腰がよく痛くなる。
◆頭痛や吐き気、めまいや不眠など複数の症状がありつらくてたまらない。
◆怠けているつもりはないけど、仕事や家事が出来ず生活に大きな支障がある。
◆病院を何度変えても原因が判らず治療法が見つからない。
◆病院では薬が処方されるだけ。薬に頼らない治療を探している。

更年期障害により起こる症状も自律神経との関わりが大きいと言われています。このように自律神経失調症は、身体と心の不調和から来る様々な症状を伴う状態であり、ストレス社会の現代において急増しています。

自律神経の失調による症状は様々です

『頭』⇒頭痛、頭重感
『耳』⇒耳鳴り、耳の閉塞感
『口』⇒口の乾き、口中の痛み、味覚異常
『目』⇒疲れ目、なみだ目、目が開かない、目の乾き
『のど』⇒のどの異物感、圧迫感、イガイガ感、つまり
『心臓・血管系』⇒動悸、胸部圧迫感、めまい、立ちくらみ、のぼせ、冷え、血圧の変動
『呼吸器』⇒息苦しい、息がつまる、息切れ
『消化器』⇒食道のつかえ、吐き気、腹部膨満感、下腹部の張り、腹鳴、胃の不快感、便秘、下痢、ガスがたまる
『手』⇒手のしびれ、痛み、冷え
『足』⇒足のしびれ、痛み、冷え、ふらつき
『皮膚』⇒多汗、汗が出ない、冷や汗、乾燥、かゆみ
『泌尿器』⇒頻尿、尿が出にくい、残尿感
『生殖器』⇒インポテンツ、早漏、射精不能、生理不順、外陰部のかゆみ
『筋肉・関節』⇒肩こり、筋肉の痛み、関節の痛み、だるさ、力が入らない
『全身症状』⇒倦怠感、疲れやすい、めまい、微熱、フラフラする、ほてり、食欲がない、眠れない、すぐ目が覚める、起きるのがつらい
『精神症状』⇒不安感、恐怖心、イライラする、落ち込む、怒りっぽい、集中力がない、やる気がでない、ささいなことが気になる、記憶力や注意力が低下する、すぐ悲しくなる

自律神経失調症の原因

自律神経失調症の原因

自律神経のバランスが乱れるには、色々な原因が絡み合っています。

その原因として、「過度なストレス」「生活のリズムの乱れ」「環境の変化」「食生活の不摂生」「女性ホルモンの影響」などがあります。自律神経失調症の原因が一つだけの場合もありますし、複数の場合もあるでしょう。

当院における自律神経調整への施術

自律神経の失調による症状は様々です

自律神経失調症の治療の要は、交感神経と副交感神経のアンバランス状態を改善することにあります。
現代はストレス社会のために交感神経が優位に働き、副交感神経の働きが低下するパターンが多いようですが、そのバランスの乱れにもさまざまな形があるとされています。いずれにせよ、交感神経と副交感神経が、高いレベルでバランスがとれていると心身ともに健康な状態です。
当院が行う脉診流経絡治療は、私たちの心身を巡る気血の流れを調整するという東洋医学の伝統鍼灸術ですが、現代医学的にみれば、自律神経のバランスを調整する治療法といえます。

陰は副交感神経、陽は交感神経の働きをしています。
全身を流れる12の経絡は、その特性により五行という五つのグループに分類できます。

『木』⇒肝経・胆経(交感神経)
『火』⇒心経・小腸経・心包経・三焦経(交感神経)
『土』⇒脾経・胃経(副交感神経)
『金』⇒肺経・大腸経(副交感神経)
『水』⇒腎経・膀胱経(交感神経・副交感神経)

陰と陽、五行は、一方が上がると他方は下がるというように拮抗的に働き、バランスをとっています。経絡治療は、この関係を利用して、身体の自律神経のバランスを調整する優れた鍼灸術です。

ページトップへ戻る