頭寒足熱~冬の過ごし方~|自律神経調整なら「さかみ鍼灸院」。地下鉄谷町線「千林大宮」駅より徒歩2分。

頭寒足熱~冬の過ごし方~|自律神経調整なら「さかみ鍼灸院」。地下鉄谷町線「千林大宮」駅より徒歩2分。

  • 06-6954-2155

    受付時間 9:00〜19:30 休診日:日曜日・祝日

  • アクセス

鍼灸師ブログ

カテゴリー:

※上記カテゴリーから選択してください。

頭寒足熱~冬の過ごし方~

  • その他
  • 鍼灸・経絡治療

「頭寒足熱(ずかんそくねつ)」ってご存知でしょうか?これは東洋医学の健康のバロメーター、「頭の方は冷たく、足は温かく」を表した言葉です。

たとえば、足が冷たく冷えていると、身体の下にあるべき熱は上昇してしまい、身体上部の症状(頭痛やめまい、首や肩の凝りなど)を引き起こしてしまいます。

よって、体を温めるには足元を温めるのが大切で、頭の方はむしろ冷えている方がいいのです。

冬の暖房は体がしっかり温まるようにはなかなかうまくいきません。温かいものは上にのぼり、詰めてい者は下に降ります。エアコンやヒーターの風は上ばかりを温め、風に当たっているとのぼせます。足元を温めるにはこたつ、ホットカーペットなど床暖房の方がよいでしょう。

当院の経絡治療では、上下の気の動きも調整していきますので、上記のような足の冷え、頭痛やめまい、肩こりにも効果をあらわします。